気をつけよう!カマグラ100の服作用・併用禁忌薬

外国人のドクターの画像

カマグラ100を服用してEDを症状を改善するにあたり、大切なのが副作用について知っておくことです。

どんなお薬でもそうですが、カマグラ100にももちろん副作用はあります。

とくにED治療薬は副作用が発現しやすく、比較的多くの人が副作用の症状を経験しているようです。

とはいえ現れてもほとんどが軽度のものですが、稀に悪化したり、重度の副作用が現れるリスクも否定できません。

服用前に、しっかりとその副作用を押さえておく必要があります。

またカマグラ100には併用禁忌薬もあり、服用自体ができない人もいますで、EDの症状があればどなたでも利用できるわけではありません。

常用しているお薬がある人は、そちらも確認していきましょう。

カマグラ100の副作用

副作用として以下の症状があります。

ほてり
頭痛
めまい
鼻詰まり
動悸
胸痛
消化不良
関節痛
目の充血 等

副作用の症状でもっとも多いのがほてりです。これはカマグラ100の血管拡張作用によって引き起こされます。

血流が良くなる行為(運動や湯銭につかる等)を想像してもらえると分かりやすいかもしれません。血流が良くなると体がほてるように、カマグラ100を摂取した時も同じようにほてりやすくなります。

副作用のほとんどは効果が切れる頃に自然と落ちついていくのが一般的です。

ですが稀に重度の副作用も報告されています。

血圧の低下
記憶力低下
心筋梗塞
不整脈
高血圧
呼吸障害 等

上記のような症状が現れた場合や、副作用の症状が次第に強くなって治まらない場合も可能性はかなり低いですが、リスクはあります。

利用する際はこのことを事をしっかりと認識しておきましょう。


<副作用のリスクが低いED治療薬もある!>
カマグラ100の主成分シルデナフィルは勃起力が強い分、副作用が出現する可能性も上がるとされています。
副作用のリスクが極力低いED治療薬として有名なのが「シアリス」です。シアリスにもジェネリックがあり、「タダシップ」は低価格で同等の効果がありお得。有効成分のタダラフィルは勃起力こそシルナデフィルに劣るものの、副作用は少ないとされています。

タダシップ
タダシップの画像

タダシップはED治療薬シアリスのジェネリック薬品です。勃起不全、勃起維持に対して効果があります。副作用が少なく持続時間が長いのが特徴です。


カマグラ100を服用してはいけない方・併用禁忌薬

カマグラ100を服用してはいけない方は以下の通りです。

バイアグラ(シルデナフィル)に対してアレルギー反応があった
重度の肝機能障害がある
血管系に障害がある
網膜色素変性症患者
脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴がある(6か月以内)
併用禁忌薬を投薬中である

このような疾患を持つ方はカマグラ100の服用は避けてください。

併用禁忌薬

カマグラ100と併用してはいけない薬があります。
以下の薬を投薬中の方はカマグラ100を服用する事は危険で、最悪命にかかわる事にもなりかねません。

硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、硝酸イソソルビド etc)
sGC刺激剤
リオシグアト(アデムパス)
アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)

併用注意薬

以下のお薬を服用中の方がカマグラ100を服用する場合は必ず掛かりつけの医師に相談してください。

降圧剤
α遮断剤
チトクロームP450 3A4誘導薬(リファンピシン、ボセンタンetc)
チトクロームP450 3A4阻害薬(イトラコナゾール、ダルナビル etc)
カルペリチド

また上記の項目に当てはまらなくても、普段から常用しているお薬がある方も医師の指示に従い判断しましょう。